キャッシング知識

銀行カードローンと普通のカードローン、どちらを利用するのがお勧め?

お金が必要になった時、融資してくれる所として、普通のカードローンと銀行カードローン、この2つが頭に浮かぶと思います。
カードローンと銀行カードローンは、どちらが良いとも言えずそれぞれにメリットとデメリットがあります。

 

一般的に、消費者金融というのはあまり良いイメージがなく、どこのどんな業者なのか分からないところが沢山あります。
それに比べると、銀行カードローンは、その名の通り、銀行が運営している業者なので安心です。

 

しかし、通常のカードローンに比べると、審査に数日かかる場合もあります。
消費者金融は、即日融資を売りにしているくらいですから、多少金利が高くても、お金が急に必要になった時には便利なのかもしれません。

 

お金が必要になった時の状況によって異なるかもしれませんが、いくら急な融資が必要でも、トラブルを避ける為にも、消費者金融であれば、知名度がある業者、そうでなければ、多少時間がかかっても、銀行カードローンを利用するのが安全だと思います。

銀行のカードローン契約でより利便性が上がるかもしれません

急な出費があった時、消費者金融などからお金を借りることに対して抵抗を感じる方は、銀行が扱うカードローンを事前に作っておくと安心できると思います。
しかし、事前にどのような特徴があるのかを調べておかないと、同じ金額を借りても利率が違ったり、コンビニATMなどで利用した場合の手数料が変わってきたりすることがあります。

 

銀行のカードローンは、一般的に使い道に関して問われることがありません。使い道を問わない代わりに、新規利用の際の申し込みの審査が厳しいとも言われています。
審査が厳しい代わりに、借り入れした場合の利率が消費者金融などから借りた場合よりも低く設定されています。

 

例えば、ある大手都市銀行のカードローンで50万円借りた場合、年利12.475%前後であるのに対して、ある消費者金融では年利18%前後と銀行のカードローンの方が5%前後も差がでてします。つまり、銀行のカードローンを利用した方が返済に対する負荷が小さいと言えます。
また、給与振込口座の指定をしてある銀行によっては、カードローンの契約そのもので銀行の取引を有利にできるポイントが貯まり、状況によって給与振込口座のある銀行ATMやコンビニATMの利用手数料や時間外手数料が無料または減額される場合もあります。さらに住宅ローンの借り入れをしていれば、住宅ローンの年利が下がるといった特典を用意している銀行もあります。

 

もし、年利やライフスタイルで比較して、今利用している銀行の年利が他の銀行よりも高かった場合は、年利の低い銀行でカードローンだけの契約をするという方法もあります。

 

銀行のカードローン申し込みそのものは窓口の営業時間だけでなく、電話やインターネットといった様々な方法でできますので、今使っている銀行がより有利に使えるならば、銀行のカードローンも選択肢に入れてもいいのではないでしょうか。

キャッシングで借りれて助かった話

私が、度重なる出費でお金に困ってしまった時にキャッシングで助かりました。最初は、私自身キャッシングには少し抵抗があり心配なこともたくさんありました

 

。実際、そういうキャッシングする立場になると、細かいことは気にしないだろうと考えていましたが、やはり不安はありました。借りるとなったときに、キャッシングの担当の方と話して、不安な点や心配なことを話させていただきました。担当の方は、私の質問一つ一つに対して的確で丁寧な説明をしてくれました。

 

説明を聞いていくうちに不安な点や心配な事は全部ではないですが、解消されました。

 

また、キャッシングについてもあまり詳しくはありませんでしたが、丁寧な説明をしていただいたおかげで理解することができ、今まであった抵抗も無くなっていました。
キャッシングできたおかげで、生活を立て直すことができました。もしキャッシングできていまければどうなっていたかはわかりません。そう考えるとキャッシングで助かったのだと思います。

初めてのカードローン

ちょっとお金に困ったなという時に便利なのがカードローンのキャッシングです。現代では万が一に備えてキャッシングカードを所有している人もたくさんいます。これからカードローンを初めて利用する方はどんなローン会社を選べばいいのか悩む方も多くいるでしょう。ではどんなところを基準にしてカードローン会社を選べばいいのか。

 

金融会社によっては申込み後数日間の無利息期間ありのキャンペーンを行っている場合があります。最初の30日間の無利息期間があった場合には、お金を借りて無利息期間中に返済をすれば金利が払わなくて済みます。どうしても一時的にだけお金を借りたいという方は最初に無利息期間を設けているローン会社を探すと良いでしょう。

 

長期的に借り入れを希望する場合には金利が低いローン会社を探しましょう。高額な金額を長期的に借りる場合には金利の負担額も大きくなりますので、できる限り金利の低い会社からお金を借りた方が良いです。ただし低金利の会社は審査が厳しいというデメリットもありますので、初めてカードローンを利用する場合はしっかりと金融会社の情報を調べてから借り入れの申し込みをする事が大切です。

キャッシングを上手に利用

キャッシングって本当に便利ですよね。給料日前で急な飲み会に誘われたり、お祝いなどの急な出費はとても悩みます。
特に、1人暮らしの人や学生さんなどは近くに親などがいなくて数日借りるということも難しいようです。

 

私も若かりし頃は急な出費はいつも給料日の数日前などでした、しかも数千円単位で襲ってくるので、やはりキャッシングに頼っていたこともあります。

 

実際にキャッシングしても数日中に返せる宛が100%あるならば問題ないと思います。もちろん金利は少々高めですが、大切なお付き合いで生じる急な

 

出費に対しては仕方ない金利と思えばやっていけたような気がしました。
私の場合、クレジットカードのキャッシングが主でしたが、周りの友人はCMで有名な消費者金融のカードをいくつか持っていました。最近はスマホなどで簡単に審査やキャッシング、返却などができるので本当に便利です。
消費者金融などの媒体でも言っているように御利用は計画的にすれば、お財布が辛い時の強い味方になりそうです。

ノーローンのキャッシングは、1週間無利子でとても便利です。

わたしはなんとなく消費者金融というと利子がとても高くて、利用すると後で返済が難しくなるという負のイメージが持っていたのですが、それが事実と違うということが最近になってよくわかってきました。

 

わたしの友人はノーローンという消費者金融でよくキャッシングをしているのですが、ノーローンでは1週間の間、無利子でお金を借りることができるんです。

 

たとえばボーナスの前に格安の旅行プランがあって行きたくなり10万円を借りたとしても、6日後にボーナスが出た日に全額を返済すれば利息は1円もかかりません。
どうしても現金が必要になったとき、知り合いに借りて迷惑をかけるのもいやだし、定期貯金を解約するのも気が進まないというとき、ノーローンのカードローンは本当に頼もしいお財布ががわりになってくれます。

 

しかもノーローンでは、全額を返済できていれば翌月もまた、同じように1週間無利子でお金を借りることができるんです。コンビニなどのATMも使えるし、持っているとかなり便利なカードだと思います。

急遽お金が必要な際に便利なカードローン

私がカードローンを申し込んだのは、別のローンの申し込みの際です。銀行に車のローン相談に伺った際、ディーラーよりも魅力的な金利でした。そこでさらに金利を安くするために、カードローンを申し込むことにしたのです。

 

どうやらカードローンや公共料金の引き落としなど、銀行を利用すればするほど金利が優遇されるようだったので、使わないと思いましたが、カードローンの手続きを行いました。

 

そして車のローンの支払いが始まったのですが、重要なことを見落としていたのです。それはボーナスでの支払いです。完全に頭から抜け落ちていました。急遽10万円が必要になったことで、カードローンを利用してお金を用意できました。
まさかすぐに使うことになるとは思いませんでしたが、本当にすぐお金を引き出せたのは便利だと素直に感じたことです。また限度額を設定すれば、使い過ぎる心配は不要です。ですから今後、また急遽お金が必要な時に、カードローンを利用しようと考えています。

銀行のカードローンなら総量規制の対象外

消費者金融会社、信販会社、クレジット会社は貸金業者です。
貸金業者は総量規制の対象になっており、借入総額が年収の3分の1までと制限されています。

 

新規で申し込んでも他社からの借り入れ状況や年収によってはご利用できないことがあります。
そんな総量規制を気にせずにお金を借りたいときは、銀行のカードローンが最適です。
銀行は銀行業のもとでお金を貸し付けているので、貸金業者ではありません。

 

したがって総量規制の対象外、他社からの借り入れ状況や年収にかかわらずにご利用することが可能です。
しかし銀行のカードローンは消費者金融よりは審査に厳しく、時間が掛かる傾向があります。
他社からの借り入れが多いと審査に通過しない可能性があります。
ですが一度審査に通過すれば、銀行ならではの低金利と高限度額で有利な条件でお金を借りることが出来ます。
総量規制の対象外のほうが、他社からの借り入れをおまとめして利息の負担を抑えたい時にも向いています。

キャッシングを利用したきっかけ

私は今まで一度だけキャッシングを利用したことがあります。きっかけは、友人の結婚式に出席したことでした。
私は半年ほど前に、友人の結婚式に出席しました。

 

私は結婚式に出席するのがはじめてで、さまざまなものを購入する必要がありました。パーティー用のドレスやパンプス、バッグなどです。当日のヘアセット代やご祝儀を含めると、10万円近くかかってしまいました。

 

そこで私が利用したのはキャッシングです。キャッシングを利用するのははじめてで何かと不安だったので、大手のレイクを利用しました。レイクは申し込みが簡単だし、利息無料のキャンペーンも行っていたのがとても良かったです。借り入れの審査は即日で終了し、その日のうちにお金が口座に振り込まれていました。
レイクはセブンイレブンで返済ができるのもとても便利です。なので、手元にお金がある時にちょこちょこ返済しに行っています。結婚式に無事出席できたのも、キャッシングのおかげです。

専業主婦でも消費者金融を利用できるの?

専業主婦のあいだでも、さまざまな理由から急にお金が入用になることもあるのではないでしょうか。いざという時の心強いパートナーが、消費者金融という存在ですが、専業主婦の人でもお金を借りることはできるのでしょうか。

 

以前に比べ専業主婦の人が、簡単で即日で融資を受けることは、難しくなりました。昔は比較的すぐにキャッシングを利用できましたが、徐々に厳しくなってきています。では、専業主婦はまったく、消費者金融を利用できないの?と不安に思う人も多いでしょう。

 

そのような方も安心してください。消費者金融の中には、専業主婦でも融資を受けられると明記している会社もあります。ただし条件はあります。配偶者が安定した収入を得ていることが大前提になるのです。また、融資を受けられる額は、少なく設定されているものがほとんどになります。

 

このように、専業主婦でも消費者金融を利用できますので安心してください。即日融資は難しいこともありますので、余裕をもって動きましょう。