キャッシング履歴

消費者金融の利用履歴について

消費者金融を利用すると、その情報が履歴として残ります。この情報が保存される期間は、大体2年から7年ほどだそうです。この期間が経過すれば借り入れの情報は消失するわけですが、情報が残っている間に新規のクレジットカードなどを作る際には、やはり消費者金融の利用履歴が気になってしまうのではないでしょうか。
実際には、消費者金融の利用履歴があるというだけでクレジットカードなどの審査に影響が出るケースは多くないそうです。ですから、将来の他商品への影響を恐れて消費者金融の利用を避ける必要はありません。ですが、もちろん利用履歴に問題があってはいけません。返済の遅延などを起こしてしまうとやはり他の審査にも影響が出てしまうので、消費者金融を利用する際は、後の影響が発生しないようにきちんと返済期日を守って正しく利用することが重要なのです。
また、優良な利用履歴は他社のキャッシングなどを利用する際に好影響をもたらす場合もあるそうです。利用履歴によって確かな返済実績を証明できれば、審査の通過もスムーズになるかもしれません。