消費者金融便利

だんだん便利になっている消費者金融について

消費者金融の利用を行う時に利息に係わる金利設定が気になる方は多いです。

 

昔の消費者金融は高利貸しと呼ばれた時代がありますが、当時は現在と比べても相当高い金利設定になっていました。

 

なので、自己破産リスクも高く社会問題にも発展した事もあり、29.2%の設定に、延滞時は40.0%と高い設定ですから、借入額が大きくなれば利息負担額だけを支払うのも厳しく元金が減らないという状況に陥りました。

 

現在では安心して使える可能性が広がり、利息制限法が設定されていますから、消費者金融では18.0%、延滞時20.0%までの利息しか取られなくなりましたし、総量規制適応によって年収3分の1以上の借入を行えない縛り設定があります。

 

なので自己破産リスクが少なくなり安心して活用出来るように整備されています。

 

インターネットによる申し込みが可能な業者も多く、店舗に直接足を運ばずに申込みから審査、振込、返済まで行える便利な仕組みが出来ており、非常に利便性が高いです。